2007年04月26日

玄米ご飯の炊き具合


美味しい玄米ご飯が炊けると嬉しいですね。
ようやく「これだ!」と言うご飯が炊けました。





私の好きな玄米ご飯はちょっと硬めなんですが
パサパサしているとダメなんです。
ふっくらしているけれど程よいモッチリ感もあり、
お箸ですくう時にポロっと崩れずに
きちんと米粒同士が密着していて口に運ぶ事が出来ること。
そして噛んだ時に口の中でプチプチと音が聞こえる事。

これなんです、これ。
圧力鍋を買い換えてからようやく・・・です。

リマとクシでは玄米ご飯の炊き方が違うっていいますよね?
リマ系やクシ系のレシピ本などでもその違いは載ってると思うのであえてここでは書きませんが

私はお料理教室の先生がリマ出身だという事もあって
リマの炊き方でやっていたんです。

でもなんとなく水分量がちょっと多いかな〜と思って
クシのやり方もやってみたりしましたが
吸水時間の関係か、あまり上手く出来ませんでした。

でも、一昨日と今日と炊いたものはなかなか好きな炊き上がり!
炊き方はクシとリマを合体させたような方法で
ポイントはやっぱり水分量でしょうか。
私の好きな水分量は米の1.25倍。

ただし、米3合に対しての倍率なので
お米の量を増やしたり減らしたりするとまた違った炊き上がりになるかもしれませんよね。
もちろんお米の種類などや季節にもよるかと思いますが・・・。

ちなみに吸水時間はありません。
洗って水を切って直ぐに調理にかかりました。

次回もこの方法を試してみたいと思います。






posted by ますみ at 21:17 | 千葉 ☁ | Comment(0) | 雑穀・麺類・穀類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。